手作り御朱印帳キットで自分好み過ぎる御朱印帳を作った

スポンサーリンク
セルフで手作り御朱印帳

ライブグッズのお菓子の箱が可愛くて捨てるのがもったいなかったので、何かに使えないかとずっと考えてました。

趣味と実用性を兼ねたもの…
手作りできそうなもの…
自分がよく見るもの…

御朱印帳しかない!
とういわけで、捨てられないお菓子の箱を使って自分好み過ぎる御朱印帳を作りました。

スポンサーリンク

御朱印帳作り 用意するもの

  • 御朱印帳キット(蛇腹式)
  • 表紙にする布
  • ボンド
  • はさみ
  • 定規
  • ↓以下は無くても作れるけどあると便利↓
  • 接着芯(片面タイプ)
  • クッキングシート
  • 刷毛

蛇腹状になった奉書紙・表紙・表題ラベルがセットになった手作り御朱印帳キットを楽天で購入しました。

糊や刷毛がセットになったキットもあったけど、道具は100均でも揃うので安さ重視。

手作り御朱印帳の作り方

【準備】
まずはお菓子の箱のイラストをカッターで切り抜いていきます。

御朱印帳作りそのものより、この切り抜き作業が一番大変でした。
特に服や帽子に曲線がある太郎が一番難しくて、メンバーならまだしも太郎かよっていう気持ちになったよ。

今回は切り抜いたけど、箱のデザインによっては御朱印帳のサイズ通りに切って張り付けるだけで作れると思います。

① ボール紙より2cmほど大きめに布を切る

きっちり2㎝でなくても、内側は最終的に見えなくなるから問題ありません。

② アイロンで布に接着芯(片面タイプ)をつける【省いてもOK

接着芯は不織布の片面に接着剤がついた芯材です。 手芸屋さんや100均の手芸コーナーで購入できます。
接着芯をつけると布にハリが出てピシッとするので扱いやすくなります。

あった方が良いという程度なので、この工程は飛ばしても大丈夫。

③ ボール紙の先端から5㎜ほど余白を残して四隅をカット

ここも不揃いだけど、見えなくなるところだから(略)

④ ボール紙の片面にボンドを塗って布に貼り合わせる

刷毛などを使って塗りムラがでないように均一に塗ります。

⑤ 左右の布を内側に貼り付ける

布が掛かる位置にボンドを塗り、内側に折り込みます。
下にクッキングシートを敷いておいてシートごとひっぱると楽です。
折り曲げたらシートの上から擦って定着させます。

⑥ 上下の布を内側に貼り付ける

角の三角を爪楊枝で内側に押し潰したら、⑤と同じようにして上下の布も内側に折り込みます。

⑦ 表紙に表題ラベルを貼り付ける

表紙と裏表紙を並べてバランスを見ながら、表題ラベルと切り抜いておいたイラストをボンドで貼り付けていきます。

⑧ 奉書紙を貼り付ける

右開きになるように蛇腹の山折りの部分を手前にして奉書紙を貼り付けます。

表紙を貼り終わったら裏表紙も貼り付けます。

⑨ 重しを乗せて平らな場所に一日置く

この時点では、ボール紙がボンドの水分を吸って反った状態になっています。
まっすぐにする為に重しを乗せて平らな場所で一日放置します。

⑩ 手作り御朱印帳の完成!!

100均ボンドってイマイチ信用していなかったんですが、しっかり一日置いたからか今のところ剥がれてくる様子はありません。
遠慮がちに指でガリガリしてみても大丈夫でした。

ただ、鞄から出し入れしてるうちに引っかかって取れそうなので透明のカバーを付けて使う予定です。100均ボンドは過信しない。

表紙と裏表紙の位置が少しズレましたが満足な仕上がり。
これ実際に御朱印が入ったら神×神になるじゃないですか。
我ながらとんでもないものを作ってしまいました。

思った以上に簡単に作れたので、御朱印帳作りにハマりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました